So-net無料ブログ作成

Tristeza(The Deep Sadness) [曲の備忘録 ~スタンダード]

歌の生徒さんが
「先生、Tristezaって分かりますか? 私、ああいう曲が歌いたくて。」

友人のピアニストが
「Tristezaって知ってる? 明るい感じの曲だからキッズライブでいいんじゃないかな?」

と、何度もその曲名を耳にする機会があったので、どんな曲か調べてみました。

なるほど、曲調はとても楽しそうなボサノバ!

「ラララ〜ラ〜」が何度も繰り返される。きっと楽しい内容の曲に違いない!!

【曲名】 Tristeza ( Portuguese:1966年 / English:1980年 )
- Music and Lyrics by Antonio Carlos Jobim



【曲について】

ブラジル音楽を代表する作曲家・ジョビンの曲。
彼がLAのホテルで、レコーディングのためにシナトラを待つ間に書かれたものだとか。
英語の歌詞は、後にジョビン本人が書きました。

曲調は軽快ですが、歌詞を読むと悲しみも込められていることが分かります。
タイトルが「深い悲しみ」という意味ですからね。
想う人が私の元に来てくれたら、この苦しみはなくなるのに。という感じでしょうか。


意味はこんな感じ。

私の心の中の深い悲しみ
消え去って欲しい
そしてまた再び歌いたい

私の日々はまた
太陽の光と薔薇色に満ちたものになる
私の人生は楽しい歌で満たされるのよ
悲しみへの扉は閉じられる
そう、あなたが現れるその日から



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。