SSブログ

All I Ask Of You [曲の備忘録 ~その他]


ニューヨークに住んでいた時から、ミュージカルは好きでよく観に行きました。
中でも大好きで何度か足を運んだのは、「シカゴ」と「オペラ座の怪人」。

私は「シカゴ」の有名な曲「And All That Jazz」も大好きで、時々ライブで歌っていますが、
今回は「オペラ座の怪人」の中の一曲も歌ってみようと思いました。

【曲名】 All I Ask Of You (1986年)
- Music by Andrew Lloyd Webber
- Lyrics by Charles Hart / Richard Stilgoe



【曲について】

ブロードウェイでも超ロングランを誇るミュージカルで、2004年には映画化もされた「オペラ座の怪人」の中で歌われる一曲。

アンドリュー・ロイド・ウェバー作曲。
同ミュージカルの中では最も有名というわけでは無いですが、主演クリスティーヌと恋人ラウルがデュエットする歌で、とても美しいメロディーです。

オペラ座の怪人ですからオペラ的な要素の強い一曲ですが、歌い方次第で、ジャズのライブで演奏しても違和感は無いかと。


さて、意味はこんな感じ。

暗黒の話はもうやめよう
ぞっとする恐怖のことはもう忘れよう
僕はここにいるから
何者も君を傷つけることはない
僕の言葉で君をあたため癒そう

僕が君を自由にしてあげよう
陽の光が君の涙を乾かすだろう
僕は君のそばにいるから
君を守り 導くから

全ての瞬間に私を愛していると言って
明るい未来の話で私の心を満たして
今もこれからも 私が必要だと言って
あなたの言葉が全て真実だと誓って
それだけが 私が求める願い

僕が君を守ってあげよう
僕が君の光になろう
君はもう安全だ 誰にも見つかることはない
恐れはもうはるか彼方だ

私が求めるのは自由になることだけ
もう夜の世界から逃れたい
そしてあなたが私の横にいてくれること
そして私を抱きしめ 闇から隠して欲しい

一つの愛を 一つの人生を 僕と分かち合おう
君を孤独の世界から出してあげよう
僕が必要だと言って欲しい
君が行くところにはどこでも
僕も行かせてくれ

一日一日を 夜を 朝を
私と共に生きて

私を愛してると言って
それだけが 私が求めること


Andrew Lloyd Webberが、このミュージカルの一番最後のシーンで使う不協和音が私は大好きなのですが、これを使ってみようと思います。
ライブで歌うのが楽しみ!



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。