So-net無料ブログ作成

All The Things You Are [曲の備忘録 ~スタンダード]


昔セッションに行くと、よくインストの人たちが演奏していて、「これ何度も耳にするメロディーだし大好きなんですが、曲名なんでしたっけ」という感じの曲がいくつもあったのですが、そのうちの一つです。

一度歌おうとしてみたら、部分的に転調する感じの複雑なコード進行が難しくて、
あっさり諦めてしまってから何年か過ぎ。

「そろそろ、どスタンダードを歌いたい!」という気持ちになりましたので、
やっぱり歌うことにしました。

複雑ですが、やはり他にはない美しいメロディーです。

【曲名】 All The Things You Are (1939年)
- Music by Jerome Kern
- Lyrics by Oscar Hammerstein II


【曲について】

「Very Warm for May」というミュージカルのために作曲されました。
このミュージカル自体は人気が出なかったようですが、一方で劇中歌だったこの曲は
そのメロディーの美しさゆえ、あらゆる大物ミュージシャンにカバーされ続け、もう知らない人はいないぐらいの超有名スタンダードになりました。

「君は我がすべて」という邦題がつけられています。

バースがありますが、ほとんど歌われません。
コーラス部分はバラードで歌われることが多いですが、私はちょっと変えて歌ってみようと思います。


さて、意味はこんな感じ。

春を待ちこがれて
孤独な冬がとても長く感じるように
君を想っている

息さえ聞こえない夜の静寂が
これから始まる愛の歌を予感させる

君は 星を照らす天使の光
僕にとって一番大切なのは
君をつくる全てのことだ

いつの日か
僕のこの腕で君を抱こう
そしていつの日か
神々しいほど素晴らしい瞬間が訪れるんだ
君の全てが僕のものになる瞬間!





nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。